新着情報

【イキチャレPJ/行政提案型:環境学習プログラム⑤】                                                                                     「チームミックスジュース」が門真市でエコクッキングを開催しました!

2017年12月20日

12月17日(日)に「チームミックスジュース」が「お茶殻をまるごと使っちゃお」と題したエコクッキングを企画・運営しました。

□お茶殻をまるごと使っちゃお
・活動:チームミックスジュース(健康栄養学科3年生4名)
・日程:12月17日(日)10時-12時 ・場所:門真市立リサイクルプラザ
・エコクッキング工房
・対象:門真市在住の小学1~6年生の親子

当日は、親子8組20名にご参加いただき、色んな種類のお茶殻を使ってチヂミとマフィンを作りました。

画像①.jpg画像②.jpg画像③.jpg

お茶殻を使って調理を始める前に、まずはお茶の入れ方や茶葉の種類について説明を行いました。
実際に子どもたちに急須でお茶を入れて試飲してもらったり、茶葉を各テーブルに配って、茶葉を触ったり、においをかいでもらいました。
子どもたちはお茶の味や香りについて感想を言い合ったり、普段は中々見ることのできない茶葉の形の違いに驚いていました。

画像④.jpg画像⑤.jpg

そのあとは試飲で出たお茶殻を使ってチヂミとマフィンの調理がスタート。
学生が調理の流れと注意事項を説明したあと、チヂミ班とマフィン班に分かれて作りました。
子どもたちは「こういう風にかき混ぜたほうが早く混ぜ終わるよ」「火加減に注意してね」など学生や保護者の方からアドバイスをもらいながら、学生との調理の時間を楽しんでいました。

画像⑥.jpg画像⑦.jpg

いよいよチヂミとマフィンが出来上がると、みんなで食べ比べをしました。
「このお茶のチヂミのほうが香りが強い!」「私はこっちが好き!」など子どもたちもお互いに感想を言い合いながら、パクパクと食べ進めていました。
保護者の方も「実際に家でつくるときは~を代用してもいいですか?」など学生に質問をしつつ、学生がご自宅でも作れるよう配布したレシピを熱心に見ていました。

画像⑧.jpg画像⑨.jpg

活動の最後には「環境にやさしい食生活」をテーマに学生からお話をしました。 クイズをしたりしながら、普段の食生活を一緒に見直していきました。
参加してくれた子どもたち、保護者の皆様、ありがとうございました。

チームミックスジュースの活動で今年度の環境学習プログラムが終了しました。 
学生が普段の授業での学びを活かして実施した本プログラムが、皆様のエコの取り組みや環境問題への意識に繋がっていれば幸いです。
ご参加いただいた子どもたちや保護者の皆様、サポートいただいた門真市の皆様、ありがとうございました。

※くすのき地域協創センターFacebookでも学生の活動を紹介しています。
facebookリンクボタン.jpg